FXの利点はなんといっても初心者でも出来るところだそうです!

少し下降したあたりで買う事を「押し目買い」と言います

FXをするため外貨を買う時に重要なのはタイミングです。もしも、ある時点でアメリカドルが1ドル100円だったとします。現在は99円台で動いていたので100円という数字が出た途端、一気に米ドル相場は上昇に向かっていきました。そうして、100.03円まで行ったあたりから少しづつ下がりだし、100.01円になりそこから相場がうろうろしだしたとしましょう。この時多くのトレーダーは様子を見ている状況です。
さて、その後再び上昇しだし、勢いを増していきました。そうして100.05円になります。そして再び下がりだし100.04円になったとしましょう。今後上昇するか下降するかはまだ予測できません。
さて、上記のような現象が起きたとき、確実性が高い「買いタイミング」が実は一か所存在します。それは、100.01円の場面です。
相場が上昇しだしたとき、100.03年の壁に当たり下がりだしました。そして100.01円で落ち着きました。流れが上昇→少し下降→上昇と3ステップになっています。この、少し下降したあたりで買う事を「押し目買い」と言います。
それでは、100.04円の場面で買うのはどうなのでしょう。実は、タイミングとしては一手遅れをとっている状況です。考え方は悪くありませんが、100.01円のタイミングと筆禍うして期待感が薄目という場合が多いです。
この押し目買いをする時には、一回目の下降のタイミングが非常に重要です。初めの一回を逃してしまうとそのまま下降することもよくありますので注意が必要です。この押し目買いもトレードのテクニックの一つとして覚えておきましょう。


トレード時間が「5分の1」以下になるとされています

話題のポートフォリオのメリットについて案内しているのですが、主なメリットについては次の通りです。
1.時間の節約
時間を節約したいトレーダーは現代では100万人以上もいます。
そのトレーダーとは、内訳では主婦・サラリーマンの2つの職業で最も多いとされているのですが、ポートフォリオを利用する事によって、トレード時間が「5分の1」以下になるとされています。
なぜ、これほどまでに時間を節約したいのかと言うと、最近では複数のFX業者で長期投資・短期売買によってトレードをされている人が増えているからです。
他の業者のホームページに移動するのは時間がかかりますので、ポートフォリオの操作だけで2つ以上のトレードを同時に進めていると言うわけですね。
2.ど忘れの解消
ど忘れもヒューマンエラーでは多いものです。
例えば、通貨ペアの種類は良いとして取り引数について、曖昧になっている状態があったりしますが、その場合には以前のポートフォリオを呼び出しするだけで、トレードを安全に行えると言うメリットがあります。


デモトレード

「デモトレード」とは、リアルと等しい状況でのトレードです。
ただ、確かに実際のFXのトレードからデータを引っ張っているので、損失・利益などは正しいのですが・・・緊張感や欲目などについては、実際のFXのトレードをしない限りは味わえるものではないでしょう。
実際に100万円以上を稼いだとしても、「本当にFXのトレードでこれだけ勝てるの?」と言う気分になります。
これがデモトレードのデメリットですね。
ですが、次のようなデモトレードのメリットがありますので、実際のFXのトレードの前にはデモトレードをしておくようにしましょう。

強制ロスカットになるケースを知る
デモトレードによるFXと言うのは、「強制ロスカット」を頻発させるくらいが理想です。
と言うのも、実際にレバレッジさえかければ幾らでも証拠金は増しますので、例えば「10万円で25倍のレバレッジ」でデモトレードをやってみましょう。
それから、ちょっとだけ目を離すようにして数時間後にデモトレードを見てみるといいです。
運が悪いと証拠金が目減りしていて、見た事もないような損失を数時間で招いてしまった・・・と言う気持ちになりますので。

これを正しく知っておくだけでも、FXのトレードでの失敗は減ります。
「レバレッジってこんなに利くものなんだ」と理解できますし、実際のリアルのFXのトレードにおいては、レバレッジが元になって損失に転じているとレーダーが非常に多いので、ある意味もっともリアルな体験のデモトレードでもあるのです。

まあ、こんな体験なんてデモトレードでしかできませんよね(笑)2.適切なレバレッジを知る
FXのトレードにおいてレバレッジを「1倍、2倍、5倍、10倍、20倍、25倍」上げてみましょう。
すると、実際の利益・損失の発生についての経験ができますし、自分にとって適切なレバレッジを掴みやすいです。


トレンドは波

チャートポイントでトレードをしているとわかりますが、FXであっても株であってもチャートポイント(チャート)には「一定の動き」が必ずあります。
これを”波”としているのですが、買い売りのポジションがあるのでチャートポイントで波があるのは当然です。

また、波と言うのは「トレンド」として扱われている事が多いのですが、トレンドラインと言うのは主に「上昇・下降」しか表していません。

具体的には、「上昇トレンドなので買いポジション」と言うのがあったりしますが、チャートポイントではギザギザになっているチャートが段々と上昇しているでしょう。
これが「上昇トレンドライン」で、逆の場合には「下降トレンドライン」とされています。

ただ上昇していて、すぐに下降と言うトレンドラインは少ないので、トレンドラインを参考にして買い売りをされているトレーダーは非常に多く、トレンドラインと言う単語をFXで良く耳にするのはその為です。
それと、下落のトレンドラインの場合には途中で平行線を辿りやすいのが特徴です。


デイトレード

デイトレードと言うと、外国為替証拠金取引(FX)では代名詞のような扱いを受けています。

ですが、そもそもデイトレードと言うのは最初は見抜きもされていませんでした。

2008年までは、外国為替証拠金取引(FX)と言うと短期売買よりも長期投資とされていました。

これは外国などの投資家の投資手法を日本人も真似ていた為に、多くの人に知られるようになったのですが、そもそものFXとは長期投資だったのです。

実際に大手の企業であったり、銀行などがFXについては熟知していたので、大手の企業などがFXで儲けた・失敗したと言うニュースは昔から多かったですね。

ですが、それはまだ羽振りの良かった頃の話で、リーマンショックが起こるようになってからは、どこの国でもそうですが「長期投資に不安」を抱えるようになったのです。

実際に日本でも想像していなかった円高が今でも続いていますし、外国だって同じなのです。

そこからデイトレードについて関心されるようになったのです。

次にデイトレードなどでの大口投資により、市場が活性化したためにFX業者についても、デイトレードであれば大金のやり取り・儲けが発生すると言い出すようになり現代に至ります。


初心者用のバンド

自動車などでも「若葉マーク」と言うものがありますが、嬉しい事にFXの取引においてもこの若葉マークが存在します。

それは、ボリンジャーバンド。

ボリンジャーバンドとは、黄色い線で表示されている過去の値動きの線です。

例えば、「値動きがわからない・・・下がる?上がる?」と言うときには、チャートにボリンジャーバンドを表示させてみると良いです。

ボリンジャーバンドを表示させると、過去の相場から推移が表示されますので、「取引で安全かどうか」の指標がボリンジャーバンドで表示できるのです。

また、狭まっている場合には過去で大きな相場の変動がなかった・・・と言うことなので、今回も安全な値動きと言うわけではありません。

出来る限り、ボリンジャーバンドについては大きな値動きがあった場合には、ボリンジャーバンドを頼って取引をするのが面白そうかどうかの判断として使いましょう。

リスクカットをするために、ボリンジャーバンドを使うのもありですが、意外な変化がある事もあるので「微小な相場の変動」にはボリンジャーバンドは対応をしていません。

この点だけがボリンジャーバンドの難点です。


スマートフォンはお得

外国為替証拠金取引(FX)でスマートフォンを利用するようにすると、「お得」だとされていますが何がお得なのかについては、触れているところが少なかったので簡単にスマートフォンの金銭的な面でのメリットを解説します。

1.外出中でも決済が可能
スマートフォンは今では不安定な動作を殆どしなくなりましたので、決済なども安定していますし、何よりもタイミング良く決済できれば儲かるのは必然です。

パソコンの場合には、ディスプレイの前から離れられませんし外出中には取引が出来ません。

以前から問題視されていた部分が、スマートフォン1つで解決できます。

2.ニュース・マーケット情報の収集が用意
情報については多くありませんので、スマートフォンでも外国為替証拠金取引(FX)の情報は閲覧可能です。

最近ではニュースサイトなどでも情報を簡略化してくれているページがあるので、スマートフォンの場合にはトピックスとその情報だけで問題ないでしょう。

3.有名トレーダーのレポートの閲覧
ツイッターなどでレポートなどの告知情報を教えてくれるなどのサービスがあります。

スマートフォンでは基本的にどの機種でも対応していますし、アプリはプリインストールされているものの利用となります。


有用な情報をキャッチ

外国為替証拠金取引(FX)ですが、そもそも情報を有用なキャッチしたいのであれば、無理に自分でFXがらみの情報を集める必要はありません。

予測されている人もいますので。

例えば、「現役為替ディーラーの相場チェック!」というものもありますので、「FX 為替 予測」と言うキーワードでネット検索をしてみましょう。

そして、外国為替証拠金取引(FX)に関しての予測情報を見つけた際には、ブックマークをしておくかメールマガジンを受け取るように申し込みをすれば言いだけです。

後は、そのFX情報を確認しに行くか、メールを受け取ってメールを見るだけでいいでしょう。

何よりも外国為替証拠金取引(FX)初心者と言うのは、これらの情報を活用するチャンスは余りめぐってきません。

あくまでも、FXをしていく上での指標でしかありませんし、先ほどの情報についてはジャンル別となっていますので、ジャンルを指定して見るようにすればいいのです。

具体的には、FX初心者なのであれば毎日の情報では、買う・売りのどっちなのかだけをキャッチしましょう。

先ほどのFX情報においても、大体、最後あたりに今は買いなのかについて書かれています。

初心者の場合には、この部分と裏づけの説明だけ見ておくだけでもいいのです。


スマートフォンのメリット

外国為替証拠金取引(FX)において、スマートフォンを使う人が増えています。

理由としては、次のようなメリットがスマートフォンの利用であるからとなっています。

1.アプリの起動が速くなった
アプリの起動と言うのは、外国為替証拠金取引(FX)業者で用意している「FXアプリ」の事です。

トレードツールなどについても、一まとめにされているケースがありますし、一々、業者の方でトレードをするのも面倒・・・と言う場合には、スマートフォンで気楽に取引をするのがFXアプリで可能になりました。

現行の機種では殆ど対応しています。

2.見やすい画面でトレードを行える
見やすくなりました。

一時期のような文字化け、デザインの不安定がなくなっていますし、しっかりとFX業者も「スマートフォンに対応」しているのを明示しています。

3.短時間での利用が可能
好きなタイミングで外国為替証拠金取引(FX)をしたい場合、当然ですがチャートやレートの確認が必要です。

今ではスマートフォン1つで画面の切り替えと、取引(決済)までがスムーズに出来るようになっています。

パソコンの場合はマウス操作が必要なので、スマートフォンの方が早かったですね。


業者選びでも取引でもいざ大変な事態に直面して重要さに気がつくもの

FX業者選びは重要です。

重要なのですが、なかなか気が付かないものです。

FX業者を間違うリスクは色々と考えられますが、最も大きなものは業者が倒産をしてしまう事です。

これはあり得ない話ではありません。

現実に、過去に倒産をしてしまった業者も存在するからです。

ところで、それを頭で分かってもなかなか実感が湧きずらいものです。

なぜなら、いざ自分の身に降りかからないとなかなか実感が沸かないからです。

それでは、どういう時に実感が湧くのでしょうか。

それは、今自分が使っているFX業者が何か不祥事をしてしまった時です。

例えば、もしもあなたがご利用のFX業者のシステムエラーが発生したら、やはりあなたとしては不信感を抱くものです。

米ドルを1ドル100円のタイミングで買い注文をしたかったのに、FX業者のシステムエラーでとんでもない高値をつかんでしまっては立腹するものです。

もっとも、そういうエラーなどはある程度FX業者のシステムを使い込まないとなかなか把握ができないものなのですが。

さらに、一番最悪なパターンとしてはFX業者が破産してしまった時です。

そういう経験は、一度体験をしない限りは他人事です。

いざ自分の身に降りかかって、ようやく分かるものです。

ちなみに、このいざ体験をしないと分からないというのはFXでの取引でも大いにあり得ます。

そして重要です。

いざ大損をして初めて、FXの取引では自分の取引のやり方に軌道修正が必要だと気がつくものだからです。

大損をした時には、きちんと反省をして同じ過ちを繰り返さないようにしましょう。



基本のチャート ローソク足

FXに登場するローソク足は、株式投資と比較すると「いきなり反発する」内容のものが非常に多いです。
本来であれば、陽線で長いものが連続して出現すると「上昇トレンド」なので、ローソク足においてもFXではこのようなものが多いと相場が読みやすいものです。
実際はそこまで目に見えて上昇トレンドは作られませんので、余り期待しても意味のないローソク足ですが(笑)
そして、ローソク足には「特殊な形状」のものもありますので、今回はそんなローソク足について語っていこうかと思います。
【参考サイト:FX比較 HOT FX

1.コマ

このローソク足については、実際に真ん中のローソクを支えるようにヒゲが伸びていますので「コマ」と呼ばれています。
このローソク足は、相場が迷っている状態ですので余り参考にしない方が良いでしょう。
大事なのは、「前日のローソク足」となります。
前日のローソク足が実を言うと伸びていたと言うのであれば、コマのヒゲが長いかをチェックしてみると良いでしょう。
もし長くて胴体部分が短いコマなのであれば、上昇トレンドの小休止のようなものです。
なので、サインとしては「買い」と見てFXで買いポジションを張ってみると良いでしょう。
但し、これらの状況が不透明なのであれば、「待機」と考えて買いも売りも控えたほうがいいです。
まあ、余り登場しないローソク足なので、そこまで気張る必要もありませんが(笑)

2.十字線(同時線)

「十字線、同時線」と呼ばれているローソク足。
実際にローソク部分(胴体部分)がないので、見た瞬間に「十字線というのがわかる」のが最大の特徴です。
十字線になっていると言う事は、ローソク足が変化していませんので、要約すると「始値と終値が同じ」なのです。
つまり、相場については方向を見定めているトレーダーが多いか、人気がない状態を表すローソク足です。
主に相場が転換するきっかけになるローソク足なので、「保留」として判断をした方が良いでしょう。